建設業界の仕事ってどんな感じ?

建設業界どのくらい稼げるの?

就職や転職を考えている人にとって、その業界の仕事内容や忙しさなどと同様に、年収がどれくらいであるかという事も重要だと思います。建設業界に従事している人は身の回りに多くいても、その人たちに直接聞くわけにはいきません。

そこで、なかなか知ることのできない建設業界における年収を詳しく紹介していこうと思います。一口に建設業界と言っても、現場で働く土木工事の作業員や大工、左官屋などから建築物の設計に携わる設計士など幅が広いです。まずは現場で働く人たちのこと紹介していこうと思います。

一般的に学歴や資格が問われることのないのが特徴ですが、土木工事は力仕事がメインであり、そんためアルバイトなども多いです。一方で、大工や左官屋などはその人の腕や経験が仕事の良し悪しを分けるため、年収もピンからキリまであります。土木作業員の平均年収は大体350万円で、時給でいうと1500円程度であり、重機などの資格を持っていれば年収も上がりますがそれほどずば抜けて多くなることはありません。

一方で、大工の平均年収も大体350万円で、時給でいうと1500円程度でありますが、はじめのうちは月給15万で、熟練してくると月給40万円を超えるなど職業内部での年収差は比較的大きいです。次に設計士などの学歴や一級建築士、二級建築士などの資格が必要な職業やいわゆる難関と言われる大手の企業に勤めた場合を見ていきましょう。

これらの職業はやはり学歴や資格など敷居が高い分、現場での仕事の年収とは一線を画しています。一級建築士で平均年収は約650万円と非常に高額な上に、独立する事も大いに可能であり、その場合は年収が数千万円になる事もあります。また大手の企業では上位20位まででも平均年収も800万円から1000万円とかなり高額で、前者の現場作業などの平均年収と比べると、約2倍から3倍の金額になります。

しかし、現場作業などの分野でも東日本大震災やアベノミクス契機とした建設ラッシュや若者などがきつく汚いイメージのある作業現場離れが深刻化していく中で、需要が増し供給が少ないという状況になり、時給や月収がうなぎのぼりに上がっている風潮もあります。そのため、高い技術を持つ熟練した職人の中には、年収1000万円に到達するという異例ともいえる事態になっています。

しかし、前者の職業にしても、後者の職業にしても、今回取り上げたのはあくまで平均年収であり、実際はピンからキリまで幅広く能力重視であることは間違いないでしょう。