建設業界の仕事ってどんな感じ?

建設業界で働くのに有利な資格

今の建設業界は東北復興の需要があったり、東京オリンピックの誘致が決まり好況で仕事案件が豊富です。しかし技術者の高齢化や不景気で新卒者の採用を抑えてきたせいで、仕事案件に対して業務に必要な資格保有者が足りてないのが現状です。

今の建設業に必要な資格を紹介します。建設施工管理技士は建設工事の施工技術の高度化や専門化、多様化が一段と進んできており、建設工事の円滑な施工と工事完成品の品質を確保していく中で、施工管理技術の重要性が増大しています。建設施工管理技士は、一般建設業、特定建設業の許可基準の一つである営業所ごとに置く専任の技術者で、建築工事の現場に置く主任技術者や管理技術者として認められています。

経営事項審査のおける技術者の評価において、計上する技術者数にカウントされるなど、施工技術の指導的技術者として社会的に高い評価を受けています。営業所ごと置く専任の技術者及び建設工事の現場の置かなければならない管理技術者は、1級施工管理技士などの国家資格者でならないことになっており、施工管理技士は、建設技術者にとって重要な国家資格になっています。

建築士も建設業界で働くなら必ずとっておきたい国家資格です。かつては平屋の木造住宅が主流でしたが、近年では鉄筋の高層マンションが非常に多くなってきています。さらに高齢化社会や障害者が生活しやすいバリアフリーが浸透してきており、または大地震が起きたことにより耐震や免震がクローズアップされています。

このように建築士が時代の流れに適した住宅を作ることで社会の発展を支える役割を果たしてことが世の中に認知されるようになっています。建築士は3種類の資格があります。木造建築士は木造建築の設計や工事監理を行えます。

木造建築しか扱えないので今では仕事が限定されます。2級建築士は面積が500平方メートル以下の建築物の設計や工事監理が行えます。1級建築士になるとあらゆる建築物の設計や工事監理を行なうことが可能です。

1級建築士は、2級建築士を取得した人が実務経験を積んでキャリアステップのために取得するのが一般的です。建築業界では最上級の資格であります。建築実務者が最も役に立つ資格として1級建築士を挙げています。これからも、公共事業は活発化しており建設業は好況ですが、現場で働く資格保有者の高齢化、減少が問題になってきているので建設業で働くのならこの資格を持つことで有利になります。